Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 64 | newer

    0 0
  • 05/13/13--09:00: 水湾頭方面へ
  • 深セン〜マカオ旅行では部屋に戻ると毎日現地のテレビ報道を見ていましたが、報道内容は下記項目で持ち切りでした。
    ・偽の肉が出回っている問題
    ・飲料水のペットボトルの品質問題
    ・大の大人が公共のエレベータ内で用を足してしまう映像がインターネットで流れた問題
    ・香港に旅行した大陸人が旅行会社の対応に不満を持って訴えを起こした問題

    私が深センを離れたときから大すじ変わっていませんね・・・。後5年経過しても同じ問題で騒がれていそうです。そろそろ中国も本腰を入れてこれらの問題を解決していかないと、周囲の国や人からの信頼を失ってしまうと思うのですが・・・。

    余談はこれくらいにして、旅行の続きをアップします。


    ↑南海意庫には変化はありませんでした。


    ↑先に進んで行くと・・・鍋料理屋の両隣りに新しい店が出来ていました。左にはemily'sという西洋料理店が、そして右には何と!面点王が!驚きました!


    ↑その先は特に変化はなく・・・


    ↑懐かしの四叉路に!ここも変化はありませんでした。水湾頭方面へ歩いて行くと、


    ↑美都按摩店も健在。この通り、心なしか前より店が増えた感じがするのですが・・・、夕食時を迎えてお客さんが入り始めていました!


    ↑華洋賓館方面も異常無し!過去何度もコメントしていますが、ここが私の深セン生活を始めた頃の原点の場所となっています。村一番のあったあの頃が本当に懐かしいです。

    明日はここから商楽街を東方向へ歩いて行きます!乞うご期待!

    0 0
  • 05/14/13--09:25: 商楽街から海昌街へ
  • 今回の深セン旅行で何人かの友人と会いましたが、皆さんiphoneを持っていて使いこなされていました。でも皆口を揃えて話してくれたのは「iphoneは今一。今は三星の方が人気があるよ。」と。次週の週末、ギャラクシーを眺めにAUに足を運んでみます!

    今日も深セン旅行の話題の続きです。


    ↑変化を期待して商楽街に入って行きましたが・・・、このローカル街、変化がほとんど無くて面白味が無かったです。ちょっと期待外れ。


    ↑商楽街から海昌街へ向かうことにしましたが、向かった先は・・・


    ↑老北京炸醤面店。そうリベンジに来たのですが、このお店、以前と比べて明らかにお客が増えて外にもテーブルを出すほどの状態になっていました。店は混んでいましたので、もう少し周辺を散策して時間をずらして戻ってくることに。


    ↑角の新一佳スーパーは健在でしたが、吉野屋は潰れていました。以前ここのブログでも紹介しましたが、出てきた料理がひどかったですし、お客もまばらでしたから当然の成り行きではありますが・・・。それよりも85℃珈琲店が出来上がっていたのは嬉しい驚きでした。以前この場所にはNIKEか何かのスポーツショップが入っていたと思いますが・・・。

    辺りを散策していたら急に雨が降ってきました。昔なら傘を持たずにあたふたする深セン市民が多かったのですが、時期が時期だったからか今回の旅行では傘を持っている人が増えていました。


    ↑雨は小降りのままでいてくれることはなく、どんどん激しくなってきました。さすが深セン。完全な夕立の様相を呈してきました。本当は四海公園方面まで足を伸ばしたかったのですが・・・、泣く泣く海上世界へ戻ることに。ということで炸醤面のリベンジを果たすことなくホテルまで戻るハメになってしまいました。商楽街に雨・・・。似合いますね。

    0 0
  • 05/15/13--09:55: 雨の夜は・・・
  • 中国旅行中、一人の中国人の友人に私の頭がフラフラしたり疲れが出たりする持病を話したら「韓国産の紅参というのが良い」との情報をくれました。日本に帰ってドラッグストアで探してみると、ドリンク剤があったので暫く飲んでみていますが、自分の体調に結構合った薬かもしれません。ネットで調べると正官荘の紅参が有名のようで、今度この会社の紅参を買ってみようと思います。

    さて、今日の深セン旅行の話題は華流芸能です。


    ↑雨が本降りになったので、パークンショップで先日紹介したビールや食べ物を仕入れて、ホテルの部屋に戻りました。移動の疲れもあったので早めにお風呂に入り、ベッドの上で中国のテレビ番組を楽しみました。写真は華流音楽番組の一コマです。好きなHebeのビデオクリップが流れてきて、華流芸能の好きな私にはとても嬉しい時間を過ごすことが出来ました。


    ↑久しぶりにS.H.E.3人の新しいMVも見ることが出来ました。セリーナさん、復帰出来て本当に良かったです。


    ↑こちらは梁静茄。彼女の可愛らしい情歌はやっぱり素敵です。この歌番組、眺めていたら好きな曲が色々流れてくるので見続けてしまいました。


    ↑歌番組が終わってチャンネルを回していたら、今度はドラマに懐かしい顔が!馬蘇さんです!中国駐在を始めた時に深センで撮影されたドラマ「我的功夫女友」に出演されていたのが彼女でした。中国のテレビ界で活躍されている姿を見ることができ、嬉しかったです。

    他の方が書かれた深センブログを眺めていても、街歩きブログがほとんど無い上に、こういった華流芸能の話題が書かれたサイトって本当にないですね・・・。どうしてなんでしょう?!いつもながら不思議に感じてしまいます。

    0 0

    毎週水曜日と木曜日の夜は楽しみにしています。それは好きなテレビ番組があるから。水曜日は台湾ドラマがとても面白くて見入ってしまいます。そして今日木曜日はフォトラバーズです。写真撮影の技術に関して新しい発見があるのと、街歩きの要素もあるので見ていて楽しいですね。

    さて、深セン旅行の話題に戻ります。


    ↑5/2の朝は少し早めに起きて海上世界の工事の進捗を眺めに行くことに。その前に向かった先は、南海酒店の一番上の階の日本料理店「横浜」です。別の方のブログで閉店になったことが伝えられていましたので、どうなったか見に行ってみると、こんな状態でした。


    ↑この店の売りの1つはこの景色でしたね。懐かしい!海上世界〜深セン湾の景色と言えば、海景広場ビル屋上の山田屋と、明華ビル屋上の中華レストランからの眺めも絶景でした。山田屋・・・、本当に懐かしいです。


    ↑南海酒店を出て工事真っ最中のエリアを眺めに行くことに・・・。南海酒店のすぐ横のヒルトンホテルってちょっと今一つなデザインですね。


    ↑ヒルトンホテル建設地の対面にはウッズマンションが。外装はほぼ工事は完了している感じでした。プルメリアも植えられていて南国らしいですね。


    ↑そして招商広場ビル・・・。完成後、ヒルトンホテルと合わせて夜はどんな感じにライトアップされることでしょう。この周辺は夜景で有名な場所になりそうです。

    この続きはまた明日、と書きたいところですが、明日夜はまた飲み会があって帰りが遅くなりますので、ブログアップはお休みします。そして明後日は実家に久しぶりに帰省しますので土曜日もお休みです。次のアップは日曜日夜を予定しています。ご了解ください。

    0 0

    一昨日今日と実家に戻っていましたが、昨日夕方テレビを見ていたらたまたまアジア国際音楽祭という番組が放送されていました。誰が出演しているのかなあと眺めていたら、何と!阿福さんも来日されていたのですね。この音楽祭、今年の4/20,21に川崎で開催されていたようで、事前に知っていたら見に行ったのですが・・・。残念。



    阿福さんですが、台湾出身の歌手で、2010年に彼女がカバーしたBruno Marsの「Nothing on you」はYouTubeで800万回を超える再生回数を達成したとか。彼女の歌声ですが、初々しさの中に洗練された魅力を感じ、台湾だけでなく、中華世界で「福式」ブームを巻き起こしたそうです。

    私が彼女を知ったのは、前にコメントした台湾ドラマ「五月に降る雪」のエンディングで流れてきた「如果有如果」がとても印象的だったからですが、彼女のアルバムはまだ持っていませんので、今度台湾に行ったときに手に入れたいと思っています。

    「如果有如果」はこちらで聴けますので是非聞かれてみて下さい。とっても良い曲です。


    ↑さて、海上世界の工事の様子を続けます。新時代広場から続く通りの先にこんな建物が!ビジネスビルになるのでしょうか?すごい変わり様です。


    ↑海景広場ビルの前の通りはこんなになってしまいましたか!一大ショッピングセンターなのでしょうね。この辺りまで地下鉄駅から地下ショッピング街が続くのでしょう。


    ↑そして船の裏は・・・!こちらはまだまだ工事の真っ最中でした。


    ↑左側にはテラス席のあるレストラン街が出来上がるのでしょうか?


    ↑中国はやっぱりお金があるなあと感心しながら、軽めの朝食を食べにスタバに歩を進めることにしました。工事エリアは通り抜け出来ませんので、一旦海涛酒店裏まで戻らないといけません。

    0 0
  • 05/20/13--10:44: スタバで朝食
  • 昨晩の世界卓球、松平選手すごかったですね。第3ゲームが終了したときにはこのまま勝つんではないかと思ってしまいましたが・・・。しかしいつからこんな強くなったのでしょう?今まで彼はさほど話題に上らなかったと思いますが・・・。

    余談はこれくらいにしまして深セン旅行の続きです。


    ↑海上世界へ向かう途中、バス停の看板にこんな広告が!あの花園城が7周年なんですね。私が駐在時代に開店したショッピングセンターですが、出来た当初は物珍しいのでたくさんの市民が訪れていたのを思い出します。中に入っていた広東料理店勝記はよく利用させていただきました。当初は花園城の隣りに百安居があって、DIYグッズが売られていたので重宝していたのですが・・・。


    ↑海上世界の鴻隆酒店裏のアイリッシュバーの横から奥に入っていくと、海景広場近くの景色は一変していました。完成したら夜景がものすごいことになりそうです。


    ↑工事の喧騒から離れ、少し遅めの朝食を取りにスタバに入りました。元来私はスタバはあまり好きではないのですが、平日のスタバは空いていてゆっくり出来ます。でも・・・、ここは中国。海上世界のスタバの店員は外国人客に慣れているはずですが・・・、相変わらず愛想がなくてサービス精神のサの字も見せてくれませんでした。

    私の直前にコーヒーを頼んだ人がいたらしく、その珈琲が出来上がったので男性店員が「***珈琲が出来上がりました」と声を出しました。でもその珈琲を取りにくる人はなかなか現れません。おそらく奥の席に陣取ったので店員さんの声が聞こえなかったのでしょう。後から来た私の珈琲が出来上がって、私の方が先に取りに来ても店員さんは前の珈琲が置きっ放しでもお構いなしです。店が混雑しているならこの対応はわからないでもないですが・・・。ああっ、ここは中国なんだなあと感じた一コマでした。


    ↑スタバからの帰り道、またバー街を通ってみました。こんな場所に新しいホテルが出来るなんて・・・。


    ↑5/2は羅湖へ移動することになっていましたが、その前に別の友人と昼食を食べる約束をしていました。食事の場所は水湾頭の有名な飲茶レストラン。もうおわかりですよね。このレストランの様子は後日紹介しますが、写真はホテルで時間を確認しようと備え付けの置時計を確認したときのこと。

    ええっ?!14時10分??一瞬約束をすっぽかしてしまったかと思ってしまいました。これもまた中国。五つ星ホテルでありながら電池切れの時計を平気で置いておくんですから・・・。

    ということで、11時にレストランで待ち合わせの予定でしたので、10時半にホテルをチェックアウトすることにしました。チェックアウト後、スーツケースを一旦コンシェルジュに預けることに。そのときホテルの女性スタッフが近づいてきました。

    最初は中国人スタッフと思っていたのですが、私が日本人とわかるや日本語で話しかけてきました。南海酒店には以前日本人男性スタッフがいたのですが、その後日本人女性スタッフに代わられていたのですね。

    彼女と少し話をしている中で知ったのですが、南海酒店も海上世界周辺の模様替えに対応するため2013年秋頃に一旦休業することになったようです。その後、同じ場所で営業を再開するのか、別の場所で出直すのかまではきちんと聞いてきませんでしたが・・・。フェリー乗り場近くでなくなるなら以降は南海酒店ではなくて、海岸城近くのホテルを利用することになるでしょう・・・。

    0 0

    今日は突然の飲み会。11時前に帰宅しましたが日本酒を結構飲みましたので早く寝ようと思います。今週も色々多忙で、明日も分刻みのスケジュールです。中間管理職はやることが多すぎですね・・・。6月は大きな報告会があるのでそろそろ資料作りを始めないといけませんし・・・。

    さて、今日も深セン旅行の続きですが、今日は軽めに済ませます。


    ↑南海酒店から水湾頭へは、外の景色が見えるバスの手段を選ぶことにしました。蛇口埠頭のバス停・・・、以前この場所でスリの被害に遭ったことが懐かしいです(爆)。観海路1号の山の上に招商広場ビルが飛び出していますね。昔はこの周辺で最も高いビルは新時代ビルでランドマークになっていましたが・・・。


    ↑水湾頭へは、104か226のバスが最適ですが、226が先に来たので乗り込みました。この226バス、やっぱりローカル市民中心のバスですね。バスはやっぱり外の風景を眺めることが出来るので好きです。


    ↑海上世界のバス停周辺は景色が洗練されましたね。色々なビルのお化粧直しは進んでいるのですが、ソフト面が出遅れているのは以前と変わらずです。


    ↑懐かしの建物の前を通過しました。以前名典珈琲語録レストランのあった場所には今はヘルスセンターが出来上がっていました。名典珈琲語録は毎週末のように足を運んだカフェレストランでした。スタバと違ってお客は多く無く、ゆっくりくつろげる上、情報誌が読み放題で色々情報を仕入れていました。服務員の女性が気さくな人が多く、中国語会話を勉強することも出来ましたし・・・。


    ↑水湾頭のバス停に着きました。このあたりも異常無しです!ちょっと早く着きましたので薬局で板藍根を買って自分のお土産にしました。日本で飲みましたが懐かしい味でした。このお陰か、鳥インフルにもかからずに無事生活出来ています。

    0 0
  • 05/23/13--05:48: 華洋賓館での飲茶
  • 先日紹介させていただいた阿福さんですが、ネットで調べていたらこんなサイトを見つけました。コンサートの楽屋にて撮影された挨拶のようです。見ていたら性格の良さが前面に出ていて思わず微笑んでしまいました。ご覧いただければと思います。

    中国語では以下のようなコメントをされています。ご参考まで。

    日本に来られて嬉しいです。日本には初めて来ました。今回のコンサートに参加出来てとても嬉しく思います。そして皆さんに私の歌を知っていただけて感謝しています。これからもたくさんの歌を紹介していきたいと思っています。皆さんの応援に感謝しています。これからも私の新しい曲を披露する機会が出来て皆さんに聴いていただければと祈っています。

    さて今日は深セン水湾頭の某レストランでの飲茶の話題です。


    ↑水湾頭で友人と待ち合わせた場所はそう、レストランの入り口からこんな風景が望める場所となっています。蛇口在住の方なら一度は訪れる飲茶レストランです。あまりに有名なレストランですので言わずもがなですが、華洋賓館の中にあります。


    ↑入り口を入って行くと中にレストランがあるのですが・・・


    ↑レストランの入り口に海鮮用のいけすがあって、色々な魚を選ん調理してもらうことも出来るようになっています。その中の1つの水槽に巨大な魚が泳いでいました。この魚って誰か食べる人がいるんでしょうか?


    ↑友人がやってきたので中に入って通された場所は、目の前に小菜の調理場のあるテーブル席でした。今回の旅行で以前には無かった変化に気づいたのですが、この手の調理場で働いている服務員が唾が飛ばないよう透明のプラスチック製の口套(マスク)をかけていました。写真の2人の小姐も付けていましたが、最近中国内でこの手の唾除けが法律か何かで義務付けられたのでしょうか?


    ↑席に着くと間もなくカートに乗せられた点心が色々と運ばれてきます。好きな点心を取っていきました。どれも本当に美味しくて食が進みます。


    ↑こちらは牛の胃か腸のどちらかだったと思いますが、この手の点心も味がよくて頼んでしまいます。


    ↑こちらは烏賊です。ピンボケですみません。甘辛味に食が進みます。他にも色々食べたい点心がありましたが・・・、次回以降のお楽しみです。。。このレストラン、お昼と真夜中に飲茶料理を楽しむことができます。まだ足を運ばれたことのない方は是非トライされてみて下さい。お勧めのレストランです。

    0 0
  • 05/23/13--06:26: 羅湖への道中にて
  • 今週も多忙な1週間でしたが明日でようやく終わり。今週末は遠出せず、部屋の掃除やら布団を夏物に変えたり、洗車をしたりで過ごそうと思っています。日曜日には待望のウォシュレットも来ますし。。。それとスマホを衝動買いしてしまいそうな予感も。

    でも天気も良さそうなんですよね。。。皆さんはどう過ごされますでしょうか?

    余談はこれくらいにしまして、今日は深セン羅湖への道中の様子をアップします。


    ↑水湾頭での楽しい昼食を終え、久しぶりに会った友人とまたお別れ。次回はいつ会えるかわかりませんが・・・、私がまだガラケーを使っていることを知って「早くスマホを買ってLINE等で連絡できるようにしなさい」と怒られてしまいました。

    南海酒店からタクシーに乗って羅湖の次なるホテルへ移動しました。望海路沿いのマンション、以前よりも増えてきましたね。この写真のマンションだけを見ていると、香港新界にいるかのような錯覚を覚えてしまいます。


    ↑望海路は以前は深セン湾口岸までは繋がっておらず、一旦後海大道に回って東濱路を経由しなければいけませんでしたが、今では望海路をそのまま北上すれば深セン湾口岸に出ることが出来るようになったようです。


    ↑このあたりままだまだ開拓中でした。写真右奥に深セン湾大橋が写っていますね。


    ↑ここまで来たら地理的状況がおわかりいただけるかと思います。


    ↑この橋、昔はよくお世話になりました。中国大陸人に対する香港往きビザが緩和された頃から大混雑するようになり、ここを利用する機会はほとんどなくなりましたが・・・。


    ↑更に北上すると、周辺の景色にも変化が・・・。


    ↑噂には聞いておりましたが深セン湾公園が出来あがっていました。ここから紅樹林公園まで美しい海岸を見ながらのサイクリング道路が繋がったそうです。駐在していたら健康のため足繁く通ってしまいそうです・・・。

    0 0

    今日は21時前に仕事を終え帰宅途中に夕食を食べてしまうことにしました。どこか良いレストランがないかなあと思案していたら、やよい軒という定食屋の存在を思い出し初めて入ってみることに。このレストラン、全国チェーンの定食屋であることをさきほど知りましたが、本日食べた野菜炒め定食の味はなかなかだったので、リピートしそうです。

    その後、今度はアイスが食べたくなったのでコンビニへ。アイスコーナーを物色していたら昨日テレビでやっていた「お願い!ランキング」でハーゲンダッツのクリスピーサンドが満点であったことを思い出し、こちらも試してみました。これが大当たり。かなり美味しいアイスでした。

    ということで、本日の夕食とデザートはどちらも美味しくて気分を良くしてブログを書いています。今日も深セン旅行の続きです。


    ↑望海路を北上すると懐かしの春の繭が!ユニバーシアードが終わって以降、このスタジアムでよくコンサートが開催されているようです。一度見てみたいですね。ちなみにこのスタジアム近くにある元管理棟が、今はホテルになっているようです。


    ↑濱海大道では相変わらずカーチェイス状態でした。まあ、慣れてしまっているので恐怖感はありませんでしたが。。。


    ↑15時前に着きましたが、部屋に入れてくれました。部屋からこんな景色が見えるホテルなのですが・・・、羅湖にお住まいの方ならすぐおわかりいただけるかと思います。他の皆さんはわかりましたか?ホテル名は明日教えます。


    ↑ホテルにチェックインした後で、すぐに近くのジャスコへ買い物に。飲み物を幾つか買ったのですが、その中の1つがこれでした。カゴメが紅棗果汁のジュースを出したのですね。結構美味しかったです!

    ジャスコへ向かったのには別の理由もありました。この後また別の友人宅へ向かうことにしていたのですが、その友人から「ワインを買ってきて欲しい」と頼まれたからです。イタリアワインを1本仕入れ、友人宅へ向かいました。


    ↑友人宅からの景色です。KKモールのネオンが部屋から見えて、相変わらず夜景の素敵なマンションでした。この景色、覚えていらっしゃる方は私のブログをよくご覧になられている方です。そう、以前もこのような写真をアップしたことがありました。

    友人ですが・・・、四川省出身の奥様と香港人の旦那さんご夫婦で、今回も夕食に招待してくれました。この2人と私がどういう関係なのかはご想像にお任せするとして、今回も辛い料理が出てきそうだったので事前に「清淡菜」を希望しておいたら、辛くない料理が出てきてホッとしました(笑)。

    皆で夕食を食べながらグイ・ルンメイさん主演の最新映画「男朋友・女朋友」を見ることにしたのですが、色々な話に花が咲いてしまい、映画をじっくり観賞するには至りませんでした。内容はほとんど覚えていませんので、もらってきたDVDを日本でゆっくり観賞する予定です。

    0 0

    今日は外は暑くもなく寒くもなく、洗車日和でした。ということで運動も兼ねて洗車とワックス掛けをしてきましたが、洗車してアパートの駐車場に置いていたら、風が強かったこともあって数時間で埃まみれになっていました。仕方なしですね・・・

    明日は布団干しと掛け布団の交換、部屋の掃除器がけ、そして午後ウォシュレットの業者がやってきます。明日午後、携帯電話会社に行ける時間があるかどうか・・・。

    さて、今日も深セン旅行の話題の続きです。


    ↑様々な欲望とチャイニーズドリームが渦巻く深セン・・・。何人の人が夢を追い求めてやって来て、何人の人が夢に敗れて去っていったことでしょう・・・。特にこの深センと香港のボーダーである羅湖にやってくるとその思いが強くなります。


    ↑この2つのビルも深センを象徴していますね。。。友人とは香港と中国大陸の関係等々、色々な話をしました。深センはやっぱりストレスの多い場所でもあるようです。友人宅で楽しい会話に花を咲かせた後、皆で按摩店に足を運ぶことにしました。

    羅湖には数えきれないほどの按摩店があるのですが、その中から友人宅近くの中級按摩店を選択。羅湖の按摩店ってシャワーを浴びてからまずは大広間のテレビ付きリラックスチェアーに通されることが多いんですよね。私たちはそのまま按摩を受けることに・・・。2時間ほど全身マッサージを受けましたが、深センは料金が本当に安いので羨ましいです。


    ↑ホテルへ戻った後、茶菓子を食べながら飲んだお茶がこれ。東方樹葉シリーズの茉莉花茶です。以前も紹介したことがありましたが、このシリーズのお茶は味が良くて好きです。


    ↑さあ、昨日出した問題、皆さんはおわかりになりましたか?答えはそう陽光酒店です。名前の通り太陽の光が注ぎ込むロビーが印象的なホテルなのですが、真下の装飾が安っぽくてもったいないです。

    ホテルは一昨年泊まった新都酒店よりはまともなホテルでした。でも、ホテルカウンターの服務員は英語を話せる人はいなさそうでした。私のパスポートを見てもそのまま中国語で話しかけてきましたし・・・。

    按摩店から戻ったときには11時近かったと思いますが、丁度ロビーにあるバーでジャズのライブが行われていました。立ち止まって少し聞いてみましたが、あまりレベルは高く無かったのでそのまま部屋に直行しましたが・・・。

    0 0
  • 05/26/13--21:50: 羅湖金光華広場
  • 今日ウォシュレットが付いたのですが、やっぱり良いですね。1回慣れるとこれ無しの生活は考えられません。台湾ではウォシュレットが付いたホテルが多くなっていますが、中国大陸は付いているホテルはまだまだ無いのではないでしょうか?(高級ホテルは泊まったことがありませんので不明ですが・・・)

    一方、午後携帯電話販売店に足を運んだのですが、スマホの使用料の高さに改めて愕然としてしまいました。ここまで高い使用料を図って小さい画面でネットに興ずることはないので、当面不要との判断になりそうです。通勤が電車であったり出張が多い仕事であれば即購入しますが・・・。

    今日も深センの話題を続けます。


    ↑5/3は中国は出勤日。早めの朝食を終え、懐かしの羅湖をぶらっと歩いてみることに。時間は10時とほとんどの市民は仕事中で閑散としていました。写真一番左の建物は歴史を変えた国貿ビル。この上の回転レストランは歴史上の場所なので一度は訪れてみてはどうでしょうか?


    ↑この通りも色々な意味で懐かしいです。この先のユエハイ酒店は出張時に何度もお世話になりました。この周辺には日本料理店も多く、抗日パレードも何度か行われましたね。


    ↑この先に万象城がありますが・・・、万象城が無かった頃は写真左の金光華が羅湖きってのショッピングセンターでした。今でも私は金光華は好きですが・・・。


    ↑羅湖に移って2日目も、昨晩会った友人がお付き合いしてくれることになりました。行き先は新しく出来た観光スポット「歓楽海岸」だったのですが、その前に腹ごしらえということで、向かった先は友人推薦の金光華の中にあるレストランでした。

    深セン駐在前に出張で深センを訪れていたころは、この吹き抜けの高級感溢れるショッピングセンターが中国にもあるのかと感心してしまいましたが・・・、その後あれよあれよと新しい巨大ショッピングセンターが出来上がって、この程度の設計では驚かなくなりました。


    ↑向かった先は陶源。昼の飲茶が有名なレストランのようです。何を食べてかはまた明日!

    0 0
  • 05/27/13--22:07: 陶源で飲茶
  • 昨日、宇都宮の某所に新しく出来た中華料理店に夕食を食べに足を運んだのですが、やっぱり期待外れでした。メニューはどこにでもあるような日本中華料理のメニュー。日本の中華料理屋はどうしてこんな風になってしまったのでしょうね?仕方なくホイコーローを頼んでみましたが、全くをもって日本料理と化していました。本場のホイコーローはもっと辛くて肉に味があるのですが。。。

    ということで今日は本場中国の飲茶料理の紹介です。


    ↑陶源に入ってすぐお茶は何にするか聞いてきましたので、私の要望でやや高めのプーアル茶を。プーアル茶は私の好きなお茶NO.1です。あの独特の発酵味が癖になってしまいます。何杯飲んでも烏龍茶のように胃を壊すことはありませんし。

    昨日だったか何かの番組で放送されていましたが、今中国のプーアル茶の価格が高騰を続けているとか・・・。次回あたりの旅行で、プーアル茶を買いだめして来ないといけないかもしれません。


    ↑続いてやって来たのがそう、スープ(湯)です。ここのスープ、中国で色々飲んだスープの中で1, 2位を争うくらい美味しかったです。スープが本当に澄んでいて、アクが綺麗に取り除かれています。このスープを見ただけで、料理人の質の高さがわかってしまいます。


    ↑大根の酢醤油漬け、木耳、そして何といってもこのお粥が美味し過ぎて・・・。


    ↑煮こごり風の牛肉の味も見た目通りでgood。


    ↑点心も勿論不味いはずがありません。久しぶりの腸粉でしたが、プルプルで好きな料理の1つです。本当はもっともっと色々な点心を試してみたかったです。こういう写真を改めて見ると、日本の中華料理店の貧相なメニューを恨めしく感じてしまいます。。。。

    0 0
  • 05/28/13--22:23: 歓楽海岸 初訪問?
  • 今日は飲み会があって帰りはかなり遅くなってしまいました。22時には戻って来れるだろうと思っていましたので、NHKのテレビで中国語の前半を見逃してしまいました。金曜日再放送を録画して見ることにします。

    さて、深セン旅行シリーズですが、今日から暫くは、今回の旅行で初めて訪問した歓楽海岸という新しい観光スポットを紹介していきます。


    ↑歓楽海岸ですが、錦綉中華の南側、濱海大道との間に存在しています。地下鉄駅「僑城東」からはやや離れていますのでタクシーが便利です。


    ↑中に入ってみるとすごい景色が目に入ってきました。ひっひろい!!


    ↑中に色々なレストランがあるわ、会所(メンバーズクラブ)があるわ・・・、この運河のような流れは元々この場所にあった湿地帯の水の流れを利用したようです。


    ↑深センはやっぱりお金がありますね・・・。


    ↑足を運んだ日が平日で良かったです。5月の労働節や土日にはこの場所は大変混雑するそうです。明日以降も色々写真をアップします。

    0 0
  • 05/29/13--23:21: 歓楽海岸 初訪問?
  • とうとう梅雨入りとなってしまいました。相当早い梅雨入りで、気持ちも少しブルーになってしまいます。深センのような南国のスコールは好きだったのですが、日本のような長雨は・・・。

    今日も歓楽海岸の続きです。


    ↑山丹花・・・、この花も南国を思い出させてくれる花です。色々な種類があるんですよね。


    ↑こちらも懐かしい花、提琴桜でした。このあたりにはバーレストランが連なっていましたが、お洒落なバーが多かったので夜来たら楽しそうですね。


    ↑花だけでなくボトルのツリーにも目を引かれました。


    ↑ボトルツリーのすぐ近くにはこんな大きなワイングラスも・・・。


    ↑バーレストランの間を抜けていくと・・・、この湿地の存在には驚きました!綺麗ですねーーー。写真には写っていませんが、この湿地沿いにマリオットホテルらしき建物が建設中でした。深センに色々な高級ホテルが出来上がっていきますね。。。

    0 0
  • 05/30/13--23:23: 歓楽海岸 初訪問?
  • ここ最近も超多忙モードに突入です。本来ならこの時期はさほど忙しくないのですが、部下の仕事も含めて〆切に追われる業務が多くて、この2〜3日は22時帰宅となっています。ということで今週土曜日も出勤が確定。下手すると日曜日も仕事かもしれません・・・。6月中旬までは我慢の日々となりそうです。

    多忙な状況を脱したら那須高原か軽井沢に1泊温泉旅行に出ようと思っています・・・。

    さて、今日も歓楽海岸の紹介です。


    ↑バーの横にオープンテラス席があったりもして・・・、雰囲気が良いです。


    ↑歓楽海岸の北端は白石路に面しているのですが、この場所には独特なデザインの建物がありました。他の方のブログで何度か目にしていて、何の建物なのかなあと思っていましたが、OCT創意展示中心のようです。私が訪れたときにはエジプト考古学の展示会が開かれていました。ミイラがあると書かれていましたがおそらくレプリカと思います。隣りには海岸城にもある中華レストラン俏江南がありました!


    ↑今度は南端方向に歩を進めると・・・


    ↑歓楽海岸水秀劇場なるステージが!毎晩20時(月曜日と連休は除く)に劇が開演されているようです。深藍秘境という紅樹林をテーマにした劇で、花火、レーザー、噴水の煌びやかなショーのようです。一等席200元、二等席140元、そしてVIP席は300元とのこと。


    ↑南端の出入り口は濱海大道に面しています。こちらには大型の噴水装置が!前からよく感じていたのですが、深セン各地のこういった噴水の水って何の水を使っているのでしょうね?使い回しの水だと衛生面に問題がありますから・・・。

    0 0
  • 05/31/13--06:31: 歓楽海岸 初訪問?
  • 昨日このブログをご覧の方からメールがあり、香港のJUMBOレストランの味はどんな感じですか?との質問をいただきました。以前このブログで紹介したときのコメントをこちらに貼らせていただきますが、日本人向けツアーで出される料理は正直美味しいというものはありませんでした。ツアーでなく一般客として自分で料理を注文したらもう少しまともな料理が出てくるかもしれませんが・・・。

    香港で美味しい海鮮料理を食べたいようでしたら、海鮮街に足を運ばれることをお勧めします。西貢も良いですし、南Y島の水上レストランもgoodです。

    美味しい中華料理が恋しくなったので、今晩も宇都宮にあるとある中華料理店に足を運んでみましたが、今日入ったレストランも完全に日本式中華料理であまり美味しくありませんでした。そもそもスープの味が完全に日本料理となってしまっているんですよね。中国で食べるスープほど美味しいものはありませんから・・・。

    余談はこれくらいにしまして、今日も歓楽海岸の紹介を始めますが、このシリーズは今日で終了です。


    ↑噴水の奥にはiMAX映画館が!


    ↑水秀劇場の横に小高い丘があって、ちょっとしたスナック店が連なっていました。丘の上に登ってみると歓楽海岸の全容が・・・。写真左に見える華僑城華会所です。そしてこの日は足を運ばなかったのですが、写真右の奥の方に海洋奇夢館という水族館のような施設があるようです。現地に地図が置いて無かったのでこの存在に気づかずちょっと残念!


    ↑映画館方面はこんな感じになっています。実はこの丘の上にスタバがあるとの案内があったので行ってみたのですが、まだ開店していませんでした。


    ↑濱海大道側の入り口付近にはマクドナルドがありました〜!


    ↑場所は少し離れていますが、懐かしいレストランの支店もありました。小南国・・・、香港各地にあって一度だけ入ったことがありました。上海料理で好きだったのは蟹味噌風味の豆腐料理でした!こういう話題をアップするとまた食べたくなってしまいます。


    ↑短い歓楽海岸散策を終え、次の目的地に向かうため白石路でタクシーを拾うことに。タクシー待ちをしていたら、目の前に大きな病院が見えました。まだ真新しいです。そう、この病院、以前ここのブログでも紹介したことがあったと思いますが、香港大学深セン医院が開業したようです。香港独資の病院だそうで、相当広い敷地に巨大病院が出来たので、色々な患者が集まってきそうです・・・。ネットで探したらこの病院のサイトがありましたので、こちらを参考にされてみて下さい。

    0 0
  • 06/01/13--07:29: 雨宿り・・・?
  • 今日は会社で半日仕事してきました。帰り際、スーパーに立ち寄ったら出ていました〜!ライチです。5個入りで260円でした。どこ産だか確認したら何と台湾産でした。キンキンに冷やして1つ食べてみましたが、美味しかったです!深センではライチの差し入れが非常に多くて食べ過ぎるときがありましたが・・・。ライチって色々な種類があるので、華南地区に住んでいらっしゃる方は食べ比べてみてはどうでしょうか?

    さて、深セン旅行の話題に戻ります。昨日まで紹介した歓楽海岸からタクシーに乗って向かった先は・・・


    ↑この場所でした。おわかりですね。華僑城創意文化園です。歓楽海岸で歩き疲れましたので、皆で珈琲でも飲もうとやってきました。


    ↑この場所の雰囲気、やっぱり好きです。古いものと新しいものが調和して存在する空間となっています。


    ↑良いカフェがないか探していたところ、急にスコールが!


    ↑目の前にあったカフェに飛び込みました。他の客も同じような目に遭って雨宿りをしに続々入ってきましたが・・・、このお店に飛び込んで正解でした。幾つか理由があるのですが、


    ↑1つはお店に色々な雑誌が置いてあったことです。市民周報、懐かしい雑誌でした。芸能情報やらレストラン情報やら、3面ネタ取集に役立っていました。駐在時、この雑誌以外によく読んでいたのは「0755」です。0755は深センの市外局番で、こういう雑誌名がつけられました。

    市民周報の左に見えるのは電影頻道です。映画雑誌なのですが、こちらもよく読んでいましたね。

    ところで、写真の雑誌の表紙の陳好さん、相変わらず人気があるようで、今回の旅行中もテレビを見ていたら深セン電視台のドラマに出ていました。コミカルなドラマで陳好さんが会社の老板娘役で出ていましたが、彼女、こういうコミカルな役が似合っていると思いました。

    0 0
  • 06/02/13--17:30: 雨宿り・・・?
  • 本日、郊外に車を飛ばしていたら、たまたま通りかかったバーミヤンの前に気になるのぼりが!「香港的士飯」。こんな名前の料理はおそらく香港には無いと思いますが、バーミヤンの戦略は上手いですね。バーミヤンのホームページを見たら結構美味しそうな料理が並んでいるので、今度食べに行ってみようと思っています。以前「お願い!ランキング」でここの餃子が絶賛されていたので、併せて食べてみます。

    さて、今日も華僑城創意文化園の続きです。


    ↑このお店、内装もなかなか落ち着いた感じでgoodです。お店の名前はMY COFFEE(高文安・珈琲店)。オーストラリアのメルボルン大学で建築学を学んだ高文安さんが内装を施したお店で、異国情緒に溢れています。彼が設計をしたお店が深センに何店かあるようです。


    ↑雑誌を眺めていたら湯唯さんが!彼女の出演された新しい映画が公開中で、大ヒットとなっていることをこのとき初めて知りました。早速ホテル近くのDVD屋でその映画をゲットしましたが、映画の紹介は後日。彼女、頑張っていますね。


    ↑スコールのはずが雨は止む気配がなく、時が過ぎていきました。でもこの珈琲店、もう1つ良い点が!店員さんが演奏や歌を披露してくれるんです。


    ↑真ん中で歌っている彼、おそらくタイ人と思いますが、歌い始める前に目の前にいた私にまず英語で話しかけてきました。第一声が「あなたたち、日本人ですか?」と。いやーーー、2年間の日本暮らしで私の見た目はすっかり日本人に変わってしまったようです。

    私は「Yes! I'm Japanese.」と答えましたが、近くにいた中国人の友人夫婦は自分たちを指指して「We are Chinese.」と訂正していました。こういうところは中国人らしいなあと、思わずニヤッとしてしまいました。

    タイ人の彼の歌う曲、懐かしいものが多くて驚きました、1曲目で「悲しみのジェットプレーン」が聴けるなんて・・・。明日には友人と別れてマカオに、そして明後日は帰国を予定していましたので、少し寂しさがこみあげてきました。

    ところで、写真左に写っている女性店員さん、彼女はピアノを披露してくれました。絢香さんに似た笑顔が素敵な女性でした。旅にはいつも素敵な発見や出会いがあります。それが旅の魅力でもありますが・・・。

    深センにもこんな居心地の良いカフェがあるのですね。今深センに住んでいたら通ってしまいそうな場所でした〜!

    0 0

    昨日ネットサーフィンをしていたら、台湾ドラマ「結婚って幸せですか(犀利人妻)」の映画版が日本で今夏公開されるようですね。出演者の舞台挨拶もあるとか・・・。ソニア・スイさんが来られるなら行ってみたいですが・・・。

    さて、深セン旅行の続きです。

    華僑城創意文化園には17時頃までいましたが、雨は結局止むことなく振り続けていました。本当は周辺の散策をしたかったのですが、仕方ありません。通勤(帰宅)ラッシュが始まりそうでしたので、タクシーを捕まえて羅湖まで戻ることにしました。

    帰りのタクシーの中で私の希望で愛国路の巴蜀風で火鍋を食べることに決めたのですが、タクシーの運ちゃんにそのことを告げると「あの店は確か閉店になって場所を移ったはず」との意外な答えが!

    タクシーの運ちゃんはそのまま携帯電話で仕事仲間に確認したら、やはり閉店とのことで、移動先まで我々を運んでくれました。移動先はこちらで確認できます。

    以前の愛国路店は店の雰囲気がとても素敵で、四川省成都にいるかのような内装で好きだったのですが、今回足を運んだ場所は、ビルの1階にあって新しい店ではありますが、趣きが全くなくなっていました。

    更に悪いことに、新しい店では火鍋は出していないと!!!驚愕の事実を知り一同唖然としてしまいました。さあ、夕食をどうするかと皆で近くに鍋店がないか探した結果、同じ建物内上階に鍋店を見つけ、そこで食べることに。


    ↑深センではポピュラーになった一人用鍋の店です。皆で大きな鍋をつつくのではなく、一人一人で好きな味のスープを選べて衛生的なので人気があります。


    ↑牛肉と羊肉を頼んだのですが・・・、心なしか羊肉が美味しく無かったような・・・。ふと、偽装肉の話を思い出してしまいました(笑)。でも色々な野菜はやっぱり美味しかったです。


    ↑深センで鍋が美味しいのは、お店に色々な薬味が置いてあることも理由の1つになっています。タレは勿論、唐辛子、様々な油、パクチー、ネギ、As you likeで好きな味で鍋を楽しむことが出来るのが良いですよね。こういうスタイルのお店がないのが本当に残念です。

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 64 | newer