Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

older | 1 | .... | 56 | 57 | (Page 58) | 59 | 60 | .... | 64 | newer

    0 0
  • 10/15/16--05:11: 台北旅行記(17)
  • 今日も17:30まで仕事。早く帰りたかったのですが、キリの良いところまで済ませておかないと、次週が地獄になるので大方資料作りを済ませてきました。次週は大きな会議が2つあって大変なんです。(再来週も1つもっと重要な会議が控えていますが。)

    早く帰りたかった理由は、江ノ島花火大会を海辺で見たかったためだったのですが、帰りの道路が渋滞していて、家に着いたのは18:10過ぎ。花火大会は既に始まっていました。結局昨年同様、自宅で見ることになってしまいました。今晩は涼しくてでも寒くなくて絶好の花火日和でしたね。

    余談はこれくらいにしまして今日も台北旅行シリーズです。


    ↑四四南村の東側にはローカル街が。緑が多くて何かホッとしますね。


    ↑四四南村の中にあるお店に入ってみることにしました。


    ↑「好,丘」という雑貨屋さんがあって、その奥にはこんなカフェがありました。お洒落。


    ↑四四南村のもう1つの目玉は、「眷村文物館」という台湾の昔の暮らしを辿ることできる資料館です。


    ↑タイムスリップ感を味わうことが出来ます!


    ↑四四南村と台北101 その1。


    ↑四四南村と台北101 その2。絵になりますね!

    0 0
  • 10/17/16--20:26: 台北旅行記(18)
  • 今日は午前中はあまり天気がよく無かったですが、午後晴れてきましたね。午前中は散髪を済ませ、午後は買い出しに出かけました。夕食何を食べようか迷っていたのですが、目の前の海鮮が美味しそうだったので、マグロと赤貝、アジの刺身を購入しました。夕食が楽しみです。

    今週は色々な仕事が待ち受けていますが、時間が解決してくれることを祈って乗り切ります!

    今日も台北旅行シリーズです。


    ↑四四南村散策の後は、小籠包だけではお腹が空いてきましたので、あらかじめ探してあったあるカフェまで行くことにしました。カフェに行くにはバスが最適な場所でしたので、信義幹線バスに乗って台北駅方向へ進みました。信義光復路口バス停で下りてすぐの場所にあるカフェ。名前はWoolloomooloo(ウールームールー)と言います。


    ↑台北は本当にカフェ文化が発達していて個人経営のお洒落な店が多いので羨ましいです。パスタが美味しそうでしたので頼んでみたのですが、激ウマでした。このお店、お酒も出していますので夜中に行っても楽しそうです。興味ある方は、こちらのサイトも参考にされてみて下さい。


    ↑カフェで一息ついた後、さらにバス旅は続きます。次に向かったのは・・・


    ↑お馴染みのこの場所でした。そうディーホワジエです!


    ↑何を買うというわけではありませんでしたが、なんとなく足を運んでみたくなってしまうんですよね。ここにあるお宮さんは恋愛が成就するということで、この日もたくさんの若者がお祈りを捧げていました。


    ↑レトロな感じが良いです。


    ↑実はこの後本格的な雨に見舞われてしまいました。帰りもバスにしようかと思っていましたが、なかなか来ないのでタクシーでひとまずホテルまで退散。南国のスコールは半端ではありませんね。

    0 0
  • 10/22/16--06:11: 台北旅行記(19)
  • ななみんが卒業ですね。本当に寂しい感じがしますが、いつかはこういうときが来ますので仕方ありません。ここ最近、あちこちのサイトで彼女が乃木坂に入った理由が書き込まれていますが、その理由が本当なら脱帽です。クールビューティーの心の奥に秘めた思い・・・。これからは自分の夢に向かって頑張って欲しいです。

    さて、今日も仕事で疲れましたので書き込みは軽めに済ませます。


    ↑ディーホワジエ散策の後、ホテルで雨が通り過ぎるのを待っていましたが、なかなか止まないので、次の目的地まで足を運んでみることにしました。MTR松山駅に到着すると、駅の近くに「松山慈祐宮」が見えてきました。雨はこの場所まで来ると止んでいました。ラッキー。


    ↑このお宮さんもかなり混雑していました。それもそのはず・・・


    ↑何やらイベントがあった模様です。お宮さんの対面に大きなテントが張られていて、たくさんのお供え物が置かれていました。その数、写真ではお伝えしきれない数でした!


    ↑さて、私が松山に向かったのは、松山慈祐宮のすぐ隣りに延びる「饒河街夜市」でした~!ここには前から行ってみたかったのですが、昔はMTRが無かったんですよね。MTRが出来てアクセスしやすくなりました!


    ↑入口近くには有名な胡椒餅屋さんが!私が到着したときにはまだあまり列が出来ていませんでしたが、帰る頃には長い列が出来ていました。結構大きかったのでパスしたのですが、あそこまで列が出来ているとどんなもんだか食べてみたかったです。


    ↑私の目当てはこちらでした。やっぱり美味しかったです。


    ↑店が開き始めた感じで、長い夜はこれからといった感じでした。


    ↑天井の提灯の明かりはまだ点いていませんでしたが・・・


    ↑松山慈祐宮内の提灯はバッチリでした。赤い色と金色とのコントラスト、なかなか良いです。

    0 0
  • 10/24/16--21:27: 台北旅行記(20)
  • 今日、宇都宮城址公園周辺で爆発事件が起こったようですね。あの駐車場、よく使っていましたので怖いです。何が起きたのか・・・。

    さて、今日もこれから自宅で仕事です。色々細かい計算をしなくてはいけませんので、今日のアップはコメントは簡単にさせていただきます。


    ↑昨日、松山慈祐宮~饒河街夜市界隈をアップしましたが、昨日の写真はスマホで撮った写真でした。今日紹介するのはデジカメで撮ったものです。


    ↑昨日コメントした何かのイベントのお供え物です。


    ↑これで量がおわかりいただけるかと思います。


    ↑慈祐宮の屋根の装飾も手の込んだものでした。


    ↑慈祐宮入口のお供え物も半端でない数でした。


    ↑ここからは饒河街夜市の様子です。コメント無しです。










    ↑次週も饒河街夜市の写真の残りを紹介します。

    0 0
  • 10/29/16--05:29: 台北旅行記(21)
  • ようやく長い1週間が終わりました。大きな会議での報告から解放されホッとしたのも束の間、月末が目の前なので色々な報告資料の準備のため今日も午後出勤しました。明日はゆっくり出来ますが、次週の週末泊りがけの研修があるので、研修の準備も必要です。

    11月も色々なイベントが目白押しですので、1つ1つ片付けていくようにしたいと思います。

    さて、今日も台北旅行シリーズです。


    ↑辺りが暗くなってきて、饒河街夜市も夜市らしくなってきました。


    ↑時間は18:40、まだまだ屋台が出ていない場所もありました。


    ↑やっぱりこういう夜市があると楽しいですね。日本にもあったら毎週末通ってしまうことでしょう。


    ↑コリントゲームも出現!


    ↑こちらのアーケードも開店時間にはまだまだ早いようです。


    ↑胡椒餅はこうやって作っているのですね~。


    ↑だんだんと私の好きなトワイライトタイムが近づいてきました。

    0 0
  • 10/31/16--22:26: 台北旅行記(22)




  • ↑MTR松山駅近くまで戻ってきました。この辺りは以前はなかなかアクセスしにくい場所でしたが、散策したら色々面白い場所がありそうですね。


    ↑トワイライトタイムの街並み・・・、この時間は感傷的になりますね。50嵐も目に入ってきました。


    ↑空の感じはやっぱり南国ですね。


    ↑いざホテルへ戻ります。


    ↑ホテル近くのコンビニで仕入れたパパイヤ牛乳で疲れを癒しました。


    ↑今回利用したホテルは台北駅に直結していて、実は裏手にCDショップ「光南大批発」があるので重宝しました!今回買ったCDの1つ。Sylviaさんの愛的12話。ピアノ集なのですが、台湾らしいお洒落な曲が散りばめられていて素敵なアルバムでした。日本に帰ってからも夜寝る前に聞いたりしています。


    ↑それと今回一番買いたかった范瑋琪さんのCDです。ファンファンという愛称で知られる彼女。彼女の歌声は以前から好きでしたが、何故かCDを買いそびれていました。彼女のMVは日本で撮影されたものがあって、なかなか楽しいです。細かく柔らかい彼女のビブラートボイスを聴いていると心が落ち着きます。

    この曲は江ノ島周辺が舞台になっています。

    0 0
  • 11/05/16--05:12: 台北旅行記(23)
  • 今週も怒涛の1週間でした。色々あって忙しかったのですが、極めつけは昨日今日。昨日は多忙な中午後から研修のため研修センターまで移動し、今日の昼まで山籠もりでした。今日は昼まで研修でその後休む間もなく出社し、溜まった仕事を18時までこなしてきました。

    健康って本当に大事ですね。楽しいこと、美味しいものを食べること、美しいものを見ること、素敵な音楽に触れること、お金はかかってもちょっとした贅沢でストレスを発散することは非常に重要と思っています。明日は夜、素敵なライブを聴きに行って来ようと思っています。

    余談が長くなってしまいましたが、台北旅行の話題に戻します。


    ↑3日目8/10はある場所に足を運ぶことにしました。MTRに乗る前に台北駅構内を散策。この駅、本当にだだっ広くて気持ちが良いです。色々なレストランや土産店も入っていて、結構楽しいです。


    ↑MTRに乗って向かった先はこんな場所でした。おわかりですか?


    ↑園内にはこんな日本の民家を思わせる本屋兼カフェも存在していました。行った場所は「松山文創園区」でした。最寄駅は市政府駅でしたが、駅から結構離れていて15分くらいは歩かなくてはいけませんでした。暑い日は厳しい場所です。


    ↑池の周辺を散策することが出来るようになっています。


    ↑実はこの場所にやってきたのは自然散策のためではなく、この写真に映った建物が目当てでした。この建物が何であるかは明日紹介します。


    ↑このあたりの雰囲気は、深セン蛇口の感じに似ていますね。懐かしい思い出がよぎってきました。


    ↑緑が多い場所ってやっぱりホッとしますね。


    ↑このエリアも初めて足を運んだのですが、なかなか面白い場所でした。台北もまだまだ知らない場所があります。台湾はやっぱり好きな場所です。

    0 0
  • 11/07/16--22:03: 台北旅行記(24)
  • 韓国がものすごいことになっていますね。大統領の不正は勿論のこと、あのデモ、ドン引きしてしまいます。韓国の縮図を見ているようです。私は冬ソナあたりは本当に韓国が好きになり始めていて、一度は韓国に行ってみたいなあと思っていたのですが、今は全くそういう気持ちはありません。

    恨(ハン)の文化で、心にたまった鬱積を一気にデモで開放するのでしょうが、私には受け入れられません。相手ばかり恨んで自らは変えていこうとしないなんて・・・、そうそう産経新聞の支局長拘留の問題は何だったのでしょう?今から思うと今の不正の予兆があの頃から発生していたように思います。未来志向の人が増えてくれることを祈っています。

    上記コメントは私の個人的見解です。お気に障る方もいらしゃるかもしれませんがご容赦願います。


    ↑松山文創園区は緑が多くて結構お勧めの場所です。


    ↑ここにはレストランもありました。


    ↑さて、昨日お話した目的の建物です。誠品生活「松菸店」です。あの誠品書店で有名な誠品系列で、雑貨類が販売されているんです。隣りにはホテル誠品行旅が出来ました。店の中は5階建てくらいで地下やあちこちにレストランやカフェもあって楽しいお洒落な空間でした。台湾らしい雑貨が色々売られていて、上階には音楽ショップもあって、ここもお勧めです!


    ↑先に見えるドーム状の建物は何でしょうね?確認して来ませんでした。


    ↑色々動き回って喉が渇きましたので、MTR駅まで戻る途中にあったカフェでアイスコーヒーで暑気払いしました。何でこの店を選んだかというと・・・


    ↑窓の外に広がるこの雰囲気。深セン蛇口の水湾頭っぽかったからです。懐かしいなあ、この感じ。


    ↑MTRでまた台北駅まで戻って来ました。台北駅地下にはこんな個人経営の店が並ぶ場所があります。この感じも深セン羅湖の地下街に似ていますね。


    ↑遅めの昼でしたが、どこで食べたかハッキリ覚えていないのですが、確か三越のフードコートで食べたと思います。このルーロウ飯。今一つでした。


    ↑一旦ホテルまで戻って一休み。写真は誠品生活「松菸店」で見つけたシンガポール人歌手、蔡淳佳さん主演の映画「想入飛飛」です。日本だとなかなか手に入らないので見つけた瞬間本当に嬉しかったです。痴呆性の親を題材にした少し悲しい映画でしたが、蔡淳佳の歌声も披露されていて見入ってしまいました。

    0 0
  • 11/12/16--02:45: 台北旅行記(25)
  • 昨日から体調を崩し、大事をとって会社を15時に早退。家に着いてから爆睡してしまいました。全身倦怠感、悪寒、関節痛のような感じで、今日もお昼頃までは何か調子が出ず。買い出しを済ませてまた寝たら少し調子が戻ってきました。

    体調悪化で寝込んだのは20年ぶりくらいで自分でも驚いてしまいましたが、今の職が激務なので疲れが溜まっていたんだと思います。

    ということで台北旅行シリーズは軽めに済ませます。


    ↑松山文創園区から戻ってホテルで一休みしていたら、外は土砂降りになってしまいました。すぐ止むだろうとたかをくくっていたら止まず。結局夜中に小降りになったので、近場の寧夏夜市まで。この場所もこれまであしを運んだことがない場所でした。


    ↑この夜市、小ぶりでした。


    ↑ローカル色満載でした。


    ↑何かB級感が漂っていました。






    ↑結構雨足が強まってきました。

    そうそう、この夜市へはタクシーで来たのですが、そのタクシーの運ちゃんは私の中国語のおかしな訛りに気づいたのか、どこから来たのか?と尋ねてきました。日本人だと答えると驚いていましたが、その理由は何で寧夏夜市に行くのか?といったものでした。行ってみてわかったのですが、あまり外国人観光客はいなかったですね。

    0 0
  • 11/14/16--22:42: 台北旅行記(26)
  • 今日も何か本調子に戻らないまま明日出勤となりそうです。こんなひどい風邪?にかかったのは20年ぶりくらいです。年ですね。ということでもう今日は早目に就寝しますのでアップは超軽めに済ませます。申し訳ありません。


    ↑今日も寧夏夜市の続きです。スマホで撮った写真を集めました。










    ↑このあたりは貝類だったと思うのですが、少々グロかったです。ということで雨も降ってきたこともありここでは何も食べずにまたホテルまでタクシーで戻りました。


    ↑さすがに小腹が減ったので、ホテル裏で気になった餃子をテイクアウトしました。辛めに味付けをお願いしたのですが、これがビールに合うこと!でも、換気扇のあるバスルームで食べたにも関わらず暫く部屋が餃子臭かったです(笑)。

    0 0
  • 11/19/16--06:14: 台北旅行記(27)
  • 1週間前から大変なことになった風邪は、ようやく収まってきましたが、まだ咳とたんが残っています。薬がなくなったので今日咳とたんの飲み薬を買ってきました。

    今日も午後は仕事師に会社へ出ましたが、実は次週も2つ大きな会議があって報告を控えていて、明日も自宅で資料つくりに追われます。

    年末は何か色々行事があって大変ですが、風邪の辛さを乗り切ったので、この後も頑張ります。風邪で気づくのは健康の有難さ。もう年なので健康のためには多少の出費を厭わないでいこうと思いました。

    ということで今日も軽めにアップします。


    ↑台北旅行の最終日。午後便でしたので朝早く起きて、淡水まで足を運んでみることにしました。


    ↑残念ながら淡水はどんよりとした天気でした。


    ↑淡水沿いに歩いて向かった先は、例のスタバです。天気は今一でしたが、お客さんは少なく、素敵な景色を望める席を確保することが出来ました。


    ↑アイスコーヒーを飲みながら暫し色々なことを思い出して旅行の余韻に浸っていました。


    ↑この店には2階席もあることを思い出し上がってみたら、何かお洒落な空間が広がっていました。でも窓際の席は少なかったです。


    ↑海景色を望めるお店ってやっぱり素敵です。


    ↑高雄の港沿いにあるスタバと言い、この淡水のスタバと言い、センスが良いですね。日本には海沿いにあるスタバなんて恐らくないのではないでしょうか?私の今いる湘南にも国道134号沿いにはスタバがありますが、海は望めませんからね。

    0 0
  • 11/21/16--23:33: 台北旅行記(28)
  • 今日は良い天気で今は半袖でも良いくらいの気候になってしまいました。温かくなったりさむくなったりで体調の管理が難しいですね。今日は買い出しを早目に済ませ、これから自宅で仕事ですが、天気が良いとなんとなくのんびりとした雰囲気の中で仕事が出来るので気が落ち着きます。

    多忙な日々はまだまだ続きますが、まずは今週乗り切れば少し楽になります。

    ところで、そろそろ年末旅行の計画を立てたいところですが、どうしようか迷っています。昨年同様、日本の温泉宿数泊で済ませるか、またあのクリスマス飾りを見に香港あたりまで足を伸ばすか・・・、まだ決めていません。

    今日も台北旅行シリーズです。


    ↑スタバで軽めの朝食を済ませた後、山方向に歩を進めました。このコメントで、台北ツウの方ならどこに向かったかすぐ想像していただけるものと思います。


    ↑マッカイさんゆかりの場所です。


    ↑かなり視界が開けた場所まで上がってきました。


    ↑この場所には歩道橋が設置されています。


    ↑このあたりの雰囲気、大好きです。ガジュマルの樹も散在していました。


    ↑赤レンガと緑が風景に落ち着きを与えています。


    ↑苔むした緑色の瓦屋根も味を出していました。さあ、ここまで来たらゆうめいなあの場所も近くなのですが・・・、その場所の中に入ろうとしたらちょっとしたハプニングが!その内容は次週紹介します。って勿体ぶるのも何なので言ってしまいますが、昔は中に入れた某映画で有名になった淡江高級中学が、今は「関係者以外立ち入り禁止」となっていました。

    まあ色々な人が勝手に出はいりすると安全面で問題なのでそういう措置に至ったのでしょうが、あの映画のファンである私にはちょっとショックでした。もう1回あの講堂を見たかったですからね。

    0 0
  • 11/26/16--03:20: 台北旅行記(29)
  • 怒涛の1週間が過ぎました。今週は大きなイベントが2つあって、いずれも気を抜けない報告会でしたが、時間が解決してくれました。大きな山は抜けたのですが、次週も色々報告会等が待っていますので、まだまだ多忙です。12月は飲み会が増えるのも辛いです。

    まあ色々ありますが、今週も乗り切ってきましたので、12月も時間が解決してくれるのを待ちます。ということで、年末はまた日本のどこかで1泊2日程度の旅行となりそうです。

    さて、台北旅行シリーズに戻ります。このシリーズ、暫く続けてきましたので、明日で終了となります。


    ↑淡江高級中学訪問をあきらめ、次の目的地へ!このあたり、懐かしい風景です。


    ↑次の目的地、ありました。不能説的秘密の雨宿りのシーンです。


    ↑周囲を一通りぶらついた後、MTR淡水駅方面まで戻ることにしました。


    ↑鳳凰木がとても綺麗でした。


    ↑淡水の流れを背景に、なかなか絵になる風景です。丁度この後、中学生らしき集団とすれ違ったのですが、この中学生たちがとても愛想の良い集団で、私がすぐ日本人であることがわかって片言の日本語で話しかけてくれました。


    ↑前に紹介した教会です。油絵にしたくなる街中の風景です。

    0 0
  • 11/29/16--00:00: 台北旅行記(30)
  • 今日は午前中に散髪を済ませ、色々買い出しをして過ごしましたが、何かしたということもなく時が過ぎてしまいました。本当は横浜のみなとみらいに足を運ぼうと思っていたのですが、JR藤沢駅へ行ったとたん人の多さに嫌気がさし、計画は断念しました。

    話変わってそろそろ年末の旅行先をどうするか決めていこうと思っています。今晩も色々旅情報をネットで検索してみます。このときが一番楽しいですね。

    さて台北旅行シリーズです。


    ↑淡水の畔まで戻ってきました。霞がかかった淡水もなまなか趣きがあって良いです。


    ↑MTRでぷらっと足を運べるのが良いですね。雨に濡れた風情も格別でした。でもこれでお別れと思うと少々感傷的に。


    ↑さらば淡水!また台北に必ずやって来ます!再見!


    ↑午後3時過ぎの便に乗るため、松山空港まで。少し早目に着いたので茶店が無いか探すと、何とスタバと春水堂がありました!春水堂は混んでいたのでスタバに入ることに。


    ↑何を飲もうかメニューを見ていたら台湾の東方美人茶があったのでそれを頼みました。青茶(烏龍茶)ですが、独特の香りがとても好きです。


    ↑時間が来たので通関を済ませて待合室まで。いよいよ出国です。帰りのこの時間はいつも寂しいです。


    ↑私が乗るEVA航空の飛行機が到着しました。1時間後に離陸です。皮肉なことにここ松山空港は晴れてきました。淡水でも晴れていてくれれば良かったのですが・・・。

    このシリーズ、これにて終了です。

    0 0

    今日は珍しく会社での仕事がなく終日ゆっくりすることが出来ました。あまりに天気が良かったので、電車に乗って鎌倉長谷寺に行ってみたのですが、まだ紅葉が残っていて海の景色も見えて綺麗でした。やっぱり土日使えるのは良いですね。この反動で次の週末は土日とも仕事です(泣)。

    さて、今日から暫くは、7月16日から2泊3日で訪れた東北旅行の様子をアップしていきます。


    ↑7/16、東京駅。東京駅もご多聞に漏れずお土産屋さんが増えました。そんなお土産街の中で見つけた面白い内装。日本各地の置物がディスプレイの中に納まっていました。


    ↑このタルトを見てまたマカオに足を運びたくなってしまうのは私だけでしょうか?


    ↑東京駅は大混雑でした。新幹線の指定席もほぼ満席。


    ↑最初の地は仙台でした。駅のコインロッカーに荷物を預けた後、すぐ最初の目的地まで電車で移動しました。


    ↑仙台空港線に乗って名取駅まで。そこからタクシーで向かった先にこの慰霊碑がありました。


    ↑閖上周辺は全てが流されてしまって今も周囲には何の建物も建っていませんでしたね・・・。


    ↑芽生えの塔は、震災により犠牲になられた方々が天に上っていくイメージを表すとともに、この地に豊かさが戻ることを願う「豊穣の大地」から上へ上へと伸びていく様子を表現しているとか。慰霊碑周辺には犠牲になられた方たちのお名前が記されていました。合掌。

    0 0

    私が日本人の嫌いなところ。ユネスコの無形文化遺産になったということで秩父夜祭に群がる日本人。普段ろくに練習もしていないのに巷の健康ブームに乗って国際マラソン大会に応募する日本人。色々ご意見はあるでしょうが、「私行ったわよ」とか「私この大会に参加したの」と自慢したがる日本人は正直好きではありません。

    日本人って、林修先生のようなちょっとした物知りや新しい物好き、話題の事柄に参加した人を重宝したがる傾向にあります。どうしてなんでしょうね?こんな話題で炎上はしないと思いますが、これくらいでやめにしておきます。

    東北旅行の続きです。


    ↑閖上の慰霊碑「芽生えの塔」の近くには閖上湊神社があります。


    ↑丘の麓に津波の被害を写真で紹介されていました。


    ↑神社の慰霊碑でまた合掌。周囲から流れてくる風を感じて、思わず「千の風になって」の曲を思い出してしまいました。


    ↑神棚の前でも手を合わせ震災犠牲者の無念な気持ちに思いを寄せ、供養してきました。


    ↑丘の麓に下り周囲を見渡すと、こんな看板が。「閖上の記憶」。私は決してこの地で起きたことを忘れません。


    ↑私が何で今回この閖上の地に足を運んだか理由を紹介しますと、我が東北大学には結構強かったボート部が存在していて、この閖上の貞山堀というボート競技場があって、何回かレースを見に来たことがあったからです。ボートレースは近くで見るとなかなかの迫力なんです。


    ↑名取駅へ向かう途中、まだまだ復興が進んでいない名取地区の平野を写真に収めました。もう5年も経過しているのに・・・。


    ↑悶々とした気持ちで仙台に戻ることにしましたが、名取駅校内に飾られていた七夕の願いに救われた気がしました!

    0 0

    今日の日中は12月とは思えない暖かい日差しが出て気持ちの良い日でした。昨日はボーナスも出て、本来なら楽しい日曜日になるのですが、私は今日も仕事。4/四期の計画見直し業務で午後から出社でした。

    仕事は今日だいたい終わらせることが出来たので、明日は横浜のクリスマス飾りを見に行こうか迷っています。寒くなると天気予報が伝えていたからです。

    余談はこれくらいにして仙台旅行の続きです。


    ↑仙台駅に戻った後、次に向かったのはこの写真の場所です。


    ↑母校のある青葉山駅まで。駅を降りてから出口まで結構歩かないといけないんですね。玉に傷。


    ↑北1番出口。写真正面に東北大学理学部キャンパスがあります。私がいた工学部は写真向かって右方面に広大に広がっています。


    ↑再び地下鉄で別の駅へ。駅ホームへ下りる際、何か日本的な造りに感動。木と漆喰風の装飾がgood。


    ↑次に下りたのは国際センター駅です。この駅情報にある広場から。この部分だけ地下ではなく屋外を通過します。眺めが良いですね。広瀬川も目に入ってきます。


    ↑この駅には2階?に多目的スペースがあって、カフェがあるのも好感が持てました。


    ↑多目的スペースには屋外テラスもあります。大学での研究終了後、仲間と涼みに行くのも良さそうです。

    0 0

    今日は朝から部屋の掃除を済ませ、ちょっとした買い出しにあちこち出ました。天気は晴れて良かったのですが、意外に寒くて横浜行きは断念。この後は少しだけ仕事をした後、江ノ島のイルミネーションでも見て来ようかと思っています。

    次週はまた2つ飲み会を控えていますが、同僚との飲み会なので楽しみです。でも、水曜日に終日大きな監査を控えていてまだ十分な準備が出来ていないところがあるので、明日明後日備えないといけません。年末、まだまだやることは尽きませんね。

    仙台の話題に戻ります。


    ↑仙台駅に戻ってコインロッカーに預けた荷物を取りに行きましたが、ここでもあちこちから中国語が・・・。会話の内容から使い方のわからない人がいましたので少しだけ教えてあげました。今では、中国人のいないところを探す方が難しいかもしれません。

    荷物を抱えて向かったのは駅南のアパホテル。ですがこのホテル、結構混んでいてチェックインに少なからず時間がかかりました。次回以降は考え物です。写真はホテルの部屋からの新幹線の様子です。


    ↑ちょっとだけ横になった後、17時を回りましたので混まないうちに迷いなく牛タンを食べに出ました。今回利用したお店は、五橋横丁という色々なお店を集めた一角にある「たんや善治郎」です。


    ↑酒は浦霞だったと思いますが、この牛筋煮込みがまた美味しかったこと!


    ↑牛タンはこの店一番の数限定のタン芯。旨すぎて言葉になりませんでした。日本酒と本当に合います。


    ↑ほろ酔い状態で駅周辺を散策しました。訪れた日は7/16でしたが、七夕飾りがちらほら見えました。仙台は七夕祭りは8/7に実施しますので、これからだんだんと華やかになっていきます。


    ↑なーーんか、こういう伝統のお祭りのある街、好きです。

    0 0

    寒い日と暖かい日が交互にやって来ている感じですね。今日は温かい日になりました。今年も仕事納めまであと10日ほど。まだまだ大変な仕事が控えていますが頑張ります。そうそう、年末休暇は海外に出ず今年も国内にいますが、まだ温泉宿は見つかっていません。1泊くらいは行きたいと思っています。

    今日も仙台旅行の続きです。


    ↑夕食を食べ終わった後、仙台駅校内を散策することに。一番の目的は日本酒を購入することでした。SPAL仙台の新館に食品街があったので覗いてみると・・・


    ↑鐘崎のブースが!何と日本酒と一緒に笹かまを食べることの出来るコーナーも設けられていました。非常に心引かれたのですが、酒屋さんを目指しました。


    ↑酒屋さんのブースを発見。何と!1杯100円で5種類の日本酒を試飲できる販売機が置かれていました。勿論5杯とも試飲しました。どれも美味しかったです!その中でなかなかの地酒が気に入ったので一升瓶を購入。(お酒の名前、忘れてしまいました。)お店を出る頃には完全な酔っ払いに!(笑)


    ↑ホテルまで千鳥足で戻りました。昼間見た新幹線の景色が夜は非常に美しく変化していました。


    ↑仙台ともなると結構新幹線の出入りの数が多いですね。


    ↑ベッドの上でうとうとテレビを見ていたら、音楽の日という番組で、松島の高校生と台湾の高校生が一緒に松山千春さんと「大空と大地の中で」を合唱していました。歌の内容と合わさって何か涙が出てきました。

    0 0

    今日も穏やかな気候で気持ちの良い週末となっています。既に散髪と買い出しを済ませ、今書き込みしています。今週は珍しく飲み会がないのですが、まだまだいくつかの重要会議が続きますので気が抜けません。

    今週末は早くもクリスマスですね。今年もあっという間に1年が過ぎてしまいました。多忙で人生について考える余裕もないくらいでしたが、まずはまた人間ドックに行くことが目下の課題です。

    さて今日も東北旅行の続きです。仙台の翌日は盛岡に歩を進めました!


    ↑盛岡は車で通過したことはあったのですが、こうやって宿泊で観光しに行ったのは初めてでした。いわて銀河鉄道・・・、名前が良いですよね。


    ↑時間は既にお昼。外は小雨混じりでしたので、とりあえず駅地下の店でじゃーじゃー麺を食べました。じゃーじゃー麺って中国本土由来のものと思いますが、どうして盛岡で広まったのでしょうね?ラー油っぽいものをかけて辛くしたりして、自分で味付けを変えられるのも中国っぽい感じがしました。美味しかったです。


    ↑こちらはわんこそばで有名な東家本店。台湾のディンダンさんのMVにも出てくる店なのですが、有名店だけあって満員でした。すごい!わんこそばだけでなく蕎麦会席なんかも食べられるようです。


    ↑その後足を運んだのは盛岡のランドマーク的存在の、旧盛岡銀行です。実はこの日、全く知らずに足を運んだのですが、この建物が岩手銀行赤レンガ館としてオープンした日で、セレモニーが開かれようとしていました!


    ↑この建物、辰野金吾・葛西萬司建築事務所の設計で建てられた、赤煉瓦造りに緑のドーム、外観はルネッサンス風の輪郭の厳格さを表した旧盛岡銀行となっています。市街地の中心部に位置し、中津川と中の橋と一体となって盛岡の代表的な景観を形成しています。明治44年建設の国指定重要文化財だそうです。


    ↑この後の写真は、セレモニー前の内部の様子を・・・。








older | 1 | .... | 56 | 57 | (Page 58) | 59 | 60 | .... | 64 | newer