Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

older | 1 | .... | 40 | 41 | (Page 42) | 43 | 44 | .... | 64 | newer

    0 0
  • 12/29/14--13:50: 街中大混雑
  • 今日は伊東から戻って来た後、佐野実さんのラーメンを食べにテラスモールへ行こうとしたら周辺の道路は大渋滞。即効で諦めて藤沢のイトーヨーカ堂へ行ったらここも大渋滞。用事を済ませ今度は江ノ島に行ったらここも混雑。ロンカフェも諦めました。ということで、今日もスマホの悪い画質の写真で昨晩の夕食を。


    ↑とある海鮮料理店であじの漬け丼を食べました。酒は栃木の幻の酒、十四代です。美味しかったです。

    0 0

    今日は前から行こうと思って行けなかった辻堂おでんセンターに行ってみました。


    ↑11時半開店に合わせ海岸線を車を走らせ、一番乗りでお店に入りました。お店はひげでん。中で女将さんと板前さんが快く受け入れてくれました。やっぱりおでんが美味しそうでしたので、おでん定食を注文。


    ↑写真を撮ってもよいか確認したらいいですよとの温かいお返事。ありがとうございます。出汁がとっても美味でした!本当は本酒と一緒に味わいたかったです!


    0 0
  • 12/31/14--13:58: 大晦日の江ノ島にて
  • 今年も一年が終わろうとしています。私にとってはあまり良い一年ではありませんでしたが皆さんにとりましてはどうでしたでしょうか?終わり良ければ全て良しということで、江ノ島に綺麗な風景を求めに足を運んできました!


    ↑江ノ島の一番奥の稚児ヶ淵です。


    ↑日の光がキラキラ反射して眩かったです。ただ、残念ながら富士山は見られませんでした。明日元旦は顔を出してくれるでしょうか?

    0 0
  • 01/01/15--13:59: 新年快楽!
  • あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

    昨夜はカウントダウンの後、さださんの番組を眺めていたらいつの間にか寝てしまっていました。今年春にさださんの映画風に立つライオンが公開されるようですね。ケニアの雄大な景色も見られそうで楽しみです。

    ということで今朝は完全に朝寝坊。昼頃起きたら雪が降っていたので驚いたのと同時に富士山を拝めなかったので明日に期待します。


    ↑今年最初の写真は綺麗な花の写真から。江ノ島コッキング苑に咲いていたチューリップの花です。昨日は初春のような温かい天気だったのですが。


    ↑そしてこちらは地元の小さなお宮さん。初詣に行って来ました。今日はこの後も少し大きめの神社かお寺に行って来る予定です。外はかなり冷え込んでいるので今晩は狙い目かもしれません。


    ↑外をぶらぶらしていたら身体が冷えてしまったので、モスカフェで休憩。毎年元旦はこの店も混んでいるのですが、今日は空いていました。その後前を通ったエッグスンシングスも並んでいる人は数人でした。お店の人にとっては大きな誤算でしょうね。

    0 0
  • 01/02/15--14:07: 新春の富士山
  • 今日また海に行って来ました!ちょうど箱根駅伝が藤沢を通過した頃に行ったのですが、富士山がとても綺麗に見えました。波は少々荒れていましたが、美しい富士山を拝むことが出来ましたので良しとしましょう。

    でもこの富士山、噴火する日が近いというのは本当なんでしょうか?




    0 0
  • 01/03/15--14:26: 宇都宮での初詣
  • 今日宇都宮に戻ってきてしまいました。いよいよ現実の世界へ引き戻された感じです。やっぱり宇都宮は寒いですね。実家の湘南と違って心から冷える感じがします。気温も3℃程度は異なるのではないでしょうか?

    夕方宇都宮に戻ってきて早速二荒山神社に宇都宮での初詣に行ってきました。テキヤが出ていたのは嬉しかったのですが、18時、しかも三が日でどうして売り場がしまっているのでしょうか?おみくじを楽しみにしていましたが、明日以降にお預けとなってしまいました。。。

    ということで、今日は二荒山神社の写真をアップします。コメント無しで写真だけ。










    0 0

    昨日天気が良かったので、宇都宮に戻る前に暫く見ることの出来ない湘南の海を心に焼き付けに行ってきました。大島も綺麗に見えました。最後の写真は134号線ですが、この先のところからが箱根駅伝のルートになっています。

    さあ、いよいよ明日から仕事です。1~3月は〆の時期なので色々な行事が重なって超多忙モードに突入です!皆さんも健康第一で頑張りましょう。










    0 0
  • 01/05/15--15:25: 晩秋の一関(9)
  • 昨日TBSでやっていた「わが家」というドラマを見ていたら、何か懐かしいお顔の女性が・・・。誰かと思って名前を確認したら村川絵梨さんでした。彼女、NHKの朝ドラの「風のハルカ」で主演されていたんですよね。私が中国駐在を始めて暫くしてからこの朝ドラが始まったので色々な思い出がよぎってきます。このドラマも爽やかで何か好きでした。

    これまで彼女の姿をテレビで見る機会がほとんど無かったように思いますが、ここ最近色々画面に出ていらっしゃるようです。演技力もある方と思いますしもっと活躍してもらいたい女優さんです。

    さて、暫く中断しておりました一関旅行シリーズの続きです。


    ↑中尊寺の観賞を終えた後、車で移動して毛越寺に行って来ました。


    ↑黄色い紅葉が出迎えてくれました。昔中尊寺を訪れたときにここ毛越寺までは足を運ばなかったんです。


    ↑この大泉ヶ池を一度見てみたいと思っていました。


    ↑この写真は望遠で撮りましたのでわかりにくくなっていますが、この池、かなり広大なのでとても開放感がありました。


    ↑よく写真で紹介されているのがこの「池中立石」です。荒磯の風情を表現しているんだそうです。

    0 0
  • 01/06/15--15:47: 晩秋の一関(10)
  • 若くしてガンが見つかって休養されていたアナウンサー黒木さんが復帰されたようですね。知的な感じが素敵な彼女でしたが、今後元気な姿を見られることを楽しみにしています。

    話変わって今、先日録画しておいたさだまさしさんの風に立つライオンのケニア特集番組を眺めながら書き込んでいます。ケニアにも色々な日本人が日本を離れて仕事を頑張っていらっしゃるのですね。こういう光景を見ると海外駐在を経験した身の血が騒ぎます。この映画、絶対見ようと思います。

    今日も毛越寺の話題です。


    ↑池中立石の前にあった紅葉にピントを合わせて1枚。


    ↑本堂のある参道方面へ戻るとこちらにも綺麗な紅葉が観光客の目を引いていました。


    ↑こちらが毛越寺本堂です。


    ↑お香で身を清めてから・・・


    ↑本堂でお参りを済ませました。この本堂に平安時代作の本尊薬師如来像が安置されているそうです。世界遺産になっているだけありますね。庭園と建築がとても美しかったです。

    0 0
  • 01/07/15--16:10: 晩秋の一関(11)
  • 私が働いている会社は勤続年数5年毎に1週間の休暇をもらえる仕組みがあるのですが、今年2015年は私もその権利をもらえる年になっています。どこへ行こうか今から検討を始めていますが、これまで足を運んでいなくて一度訪れてみたいのはベトナムです。今週末、早速ガイドブックを購入してみようと思っています。

    さて、今日も毛越寺の紅葉の紹介です。


    ↑毛越寺本殿の裏手にもとても綺麗な紅葉がオレンジ色に輝いていました。


    ↑黄色の紅葉もあって目移りしてしまいます。


    ↑普通レンズで大泉ヶ池全容を。この写真で池の広さを確認いただけると思います。水面に映る青空も綺麗です・・・。この写真を撮った後、写真正面奥の岸に移動しました。


    ↑反対側の岸から1枚。こちらは芝生の緑も綺麗です。


    ↑紅葉越しにもう1枚。こういう美しい日本庭園を観賞すると心がすがすがしくなります。毛越寺シリーズはこれにて終了です。明日は平泉のあるお寺の紹介です。乞うご期待。

    0 0
  • 01/08/15--16:22: 晩秋の一関(12)
  • もうすっかり正月ボケはなくなって残業続きの日々となっていますが、今週もあと一日で終わり!明日は飲み会がありますので、ブログアップはお休みとさせていただきます。今週の土日は既に色々予定が詰まっています。散髪、車の整備、眼科、病院等々、色々あるのでゆっくり温泉にも浸かりに行く予定です。

    さて、今日は平泉にある珍しいお寺の紹介です。


    ↑とあるお寺の駐車場横には川が流れていて、天気も良くとても綺麗だったので写真に収めてしまいました。のどかでいいですね。


    ↑ここがそのお寺の入り口です。


    ↑達谷西光寺です。このお寺が何故有名かと言いますと・・・


    ↑この毘沙門堂があるからです。このお堂、坂上田村麻呂創建となっていて、蝦夷征伐の成功が毘沙門天のご加護と感じ、京の清水の舞台を模して九間四面の精舎を建てて百八体の毘沙門天を祀ったとか。


    ↑ちょっと中国の雲崗石窟のような趣きがありますね。

    0 0
  • 01/10/15--02:55: 晩秋の一関(13)
  • 前の版にお酒を飲んでしまうと、土曜日が半日潰れてしまいますね。土日は有効に使いたい私なのでやっぱりお酒は控えめにしようと認識を新たにしました。ということで、今日は色々な用事もあったのであっという間に時は過ぎ、今ブログを書き込んでいます。

    明日朝は宇都宮は-4℃だとか!そして夜はみぞれか雪らしいのでますます寒い朝を迎えます。1月でここまで寒いと2月はどうなってしまうんでしょうね。心配になってきました。

    さて、今日も達谷西光寺の続きです。


    ↑毘沙門堂に入ってみました。が、ここから先は撮影厳禁とのことで中の写真はありません。


    ↑文治五年(1189年)、源頼朝公が奥州合戦の帰路、この毘沙門堂に参詣されたとか・・・。由緒あるお堂となっています。


    ↑このお堂、東日本大震災でかなりの被害を受けて修復に時間がかかったとか。昔の写真を見るとこのような鮮やかな朱色の塗料は塗られていないものが多いです。


    ↑達谷西光寺のもう1つの見どころは顔面大仏です。写真左ちょっと上に見えますよね。顔の長さは約3.6m。前九年後三年の役で亡くなった敵味方の諸霊を供養するために源義家公が馬上より弓張をもって彫りつけたと伝えられています。


    ↑手前は辯天堂です。


    ↑不動堂と紅葉。


    ↑そして金堂の秋景色です。


    ↑廣照院までは読めましたが、密の後の文字がわかりませんね・・・。この西光寺ですが、真鏡山廣照院西光寺と呼ばれる天台宗の寺で、現代では東北三十六不動尊二十三番霊場となっています。

    0 0
  • 01/11/15--16:45: 晩秋の一関(14)
  • 今日はゆっくり起きてそのまま散髪へ。昼食は久しぶりに花の季へ行こうと車を飛ばしたのですが、大混雑ですぐに諦めました。とりあえずそのまま多氣山神社へ交通安全のお守りを交換しに行ったら、ここも大混雑でした。三が日は栃木を離れていらっしゃった方も多かったのでしょうね。

    世間は明日も休みでしょが、私の会社は明日も仕事。今晩はとあるレストランへ行って夕食を食べた後、早めに就寝することにします。

    さて、今日からは達谷西光寺の後向かった厳美渓の自然美をアップしていきます。


    ↑14時とまだこれからという時間でしたが、日が傾いた感じが厳美渓の美しさを引き立てていました。


    ↑厳美渓の中に入っていくと、有名な郭公屋の郭公だんご。渓谷の上に張られたロープを使ってだんごの販売を行っています。写真右にロープが見えますよね。


    ↑川の流れは比較的穏やかでしたが、岩の感じは男性的でした。


    ↑この東屋で丁度だんごを食べていらっしゃる方がいました。温かいお茶も付いているようでしたが、よく籠に揺られている間にこぼれないものですね。


    ↑老夫婦が渓谷美を観賞されていました。こういう年になって一緒に旅できるって素敵ですね・・・。旅先に東北を選ばれたのもgood。

    0 0
  • 01/12/15--16:45: 晩秋の一関(15)
  • 昨日久しぶりに担担麺を食べに小閣楼に足を運んだのですが、やっぱり中国人の作る料理は違いますね。非常に懐かしい味でした。花椒と呼ばれる山椒が非常に効いていてとても美味しかったです。中国には日本にはない美味しい中華料理と食材がありますので、未だにときどき食べたくなってしまいます。5月の旅行先はまた中国華南地区ですかね・・・。

    余談はこれくらいにしまして、また厳美渓の写真をアップします。今日も残業3時間で疲れましたので、厳美渓の渓谷美と紅葉の写真だけを載せて、コメントは控えます。










    0 0
  • 01/13/15--16:48: 晩秋の一関(16)
  • 明日は久々に英語を使う機会が・・・。VIPのアメリカ人が会社を来訪されるので工場を案内しなくてはいけません。英語ではなく中国語の会話の方が今は楽であったりしますが・・・。アメリカ人の英語って流暢すぎてついていけないことが多いんですよね。どうなることやら・・・。

    さて今日も厳美渓の続きです。


    ↑渓谷沿いの歩道を歩いていたら、吊り橋を見つけました!


    ↑短めでしたが結構高い位置にあったので楽しかったです。


    ↑この景色なかなかのものでした。ボートを下ろしてゆっくり散策してみたくなるような風景です。


    ↑ここから上流側にゴツゴツした渓谷になっているようです。

    0 0
  • 01/14/15--17:00: 晩秋の一関(17)
  • 今日のアメリカ人の案内はなんとか無事終了しました。でも、ここ最近英語を使う機会はほとんどなくTOEIC730の能力は完全に錆びついてしまっていました。やっぱり英会話練習機能の付いた電子辞書を買おうと心に決めた日となりました。

    今週もあと2日ですね。実は私の方、明後日金曜日は午後休を取ってまた那須に温泉1泊旅行に出る予定です。温泉はやっぱり良いです・・・。

    今日も厳美渓の紅葉美の写真をアップします。厳美渓シリーズは本日で終了です。


    ↑渓谷沿いの歩道です。本当に綺麗な風景でみとれてしまいました。


    ↑太陽光に透けた紅葉の葉が煌めいていました。


    ↑極めつけはこの光景。絶句してしまいました。


    ↑近くの黄色い紅葉もアクセントになっていました。自然って本当に不思議です。


    ↑厳美渓の上流部に架かる長者滝橋からの眺めです。こちらは下流側。


    ↑そしてこちらは上流側です。長者滝橋の名前の由来ですが、奥州藤原氏の時代、金を商い巨万の富を得た「大すみの長者」が、盗賊に備えこの地の滝に宝物を隠したという伝説から生まれた「長者滝」から来ているそうです。

    0 0
  • 01/15/15--17:33: 晩秋の一関(18)
  • 阪神・淡路大震災から20年ですか・・・。20年かかってもまだ悲しみから解放されていない方も多いと聞きます。東日本大震災もそうですが、我々はいつも忘れずに被災者に寄り添っているという気持ちが大切なんだと思います。

    ここ最近私がよく聴く好きな歌はさだまさしさんの「smile again」です。こちらに貼らせていただきます。雲仙普賢岳の被災者のために作られた歌のようですが、この歌のように色々なことで苦しんでいらっしゃる方の思いに寄り添っていける人でありたいといつも思っています。

    さて、今日は世嬉の一「酒の民族文化博物館」の紹介です。


    ↑この博物館は世嬉の一酒造が創業当初に仕込み用の蔵として建設したものをそのまま博物館に改築したものになっていて、酒造りの様々な道具が展示されています。


    ↑この辺りには米を蒸かす大釜が展示されていました。


    ↑麹の部屋です。温湿度管理が非常に重要になってきます。


    ↑世嬉の一の色々な瓶も展示されていました。この後、隣りにあった売店で初めて「世嬉の一」を試飲したのですが・・・、申し訳ありません。私には世嬉の一の味は好きになれませんでした。一関は別メーカーの「関山」が美味しいですね。


    ↑大きな仕込み桶です。


    ↑個人的にはこの徳利の方が気になりました。こういう徳利があるだけでお酒や料理が美味しく感じてしまうのは私だけでしょうか?

    この話題はこれにて終了です。さて、昨日コメントしましたように、あすは午後休で那須旅行に出ますので明日のブログアップをお休みさせていただきます。ご了解下さい!

    0 0

    今日は阪神淡路大震災から20年・・・、朝からテレビで色々報道されています。まだまだ被災者をケアすべき点があるという内容を見て自分の無力さを感じます。東日本大震災の場合は原発の問題もありますので、真の意味で復興するには相当な時間がかかることを改めて思い知らされました。


    ↑昨日那須に入った後、その足ですぐ藤城清治美術館の教会に入りました。


    ↑阪神淡路大震災の被災者の皆様の追悼の意味を込めて祈ってきました。



    0 0
  • 01/18/15--18:19: 晩秋の一関(19)
  • 一昨日の晩は栃木和牛を食べようと某レストランでビーフシチューを食べたのですが、値段も値段でしたのでトロトロの牛肉を食べることが出来ました。美味しかったのですが・・・、私にはセブンミールの牛タンシチューやカルビ牛丼で十分なようです(笑)。

    その夜は部屋で飲むお酒ということでスーパーでニッカのハイボールを仕入れたのですが・・・、通常のハイボールではなくリタハイボール(リンゴ果汁)の方を買ったらこれが失敗でした。こちらは甘いカクテルだったんですね。勉強になりました。

    さて今日は一関の夜の写真をアップします。


    ↑世嬉の一「酒の民族文化博物館」の敷地にはレストランやビール醸造所などもあって、ここで夕食を食べようかと思ったのですが・・・、何かお客さんが来る気配もなくてお店もちゃんと営業しているのかどうかわかりませんでしたので、その場を離れて周囲を散策することにしました。


    ↑辺りはすっかり日が暮れてしまいました。こちらの方には川があるので夕景を見に行くことに。


    ↑磐井川の夕焼けが綺麗でした。夕焼けだったので翌日もしっかり晴れてくれました。


    ↑一関には超有名なジャズ喫茶ベイシーがあります。ジャズファンなら知らない人はいないというくらいのお店で、ナベサダさんや本場アメリカのアーティストもここで演奏することもあるようです。今回は中には入りませんでしたが、次回以降機会があればジャズの音を楽しみにいってみようと思います。


    ↑夕食はホテルのレストランで済ませ、これまたホテル併設のバーで1杯「竹鶴17年」を楽しんできました。竹鶴は初めて飲みましたが味がまろやかで美味しかったです。

    0 0
  • 01/20/15--04:32: 松島にて(1)
  • 昔書いたことがあったかもしれませんが、私は以前はかなり映画が好きで色々な映画を見ていました。でも最近の映画は夢がないものが多く、映画館で見たいものがほとんどないことに寂しさを感じています。

    そんな折、今週土曜日から始まる台湾映画「KANO」は前から見たいと思っていた映画でしたので、今週末全国上映されることを知りとても楽しみです。台湾の高校が甲子園に出ていた時代があったのですね。台湾で空前の大ヒットとなったこの映画、とても魅力のある映画のようですので、皆様も是非ご覧あれ。

    明日もまた映画の余談を書きたいと思っています!

    さて今日からは松島の話題に始めます。


    ↑一関のホテルで一泊した翌日、少し早めに起きて私の第二の故郷、仙台に向かいました。大学時代に過ごしたこの街は、いつ来ても懐かしい風景が私を出迎えてくれます。駅前のレンタカーで予約してあった軽自動車に乗り込み、真っ先に奥松島に向かいました。


    ↑奥松島には学生時代も訪れたことはあったのですが、ある展望台の存在を知り、今回初めてその場所に足を運んでみました。その前に奥松島の港風景を。小島に囲まれたとても気持ちの良い場所でしたが・・・、大震災のときにはこの綺麗な海が牙を剥いたのですね・・・。


    ↑空が青くて本当に気持ちの良い日でした。大自然の中にいると自分の存在が本当にちっぽけに感じてしまいます。

older | 1 | .... | 40 | 41 | (Page 42) | 43 | 44 | .... | 64 | newer